救急箱の薬

小さな救急箱を置いているが、中には市販薬だけではなく、以前病院で処方された薬の残りも入っている。
お医者さんの指示に従って飲まなければいけないというのは分かっているものの、重大な疾患を引き起こさないと分かっているものは、自分で判断して飲むようにしている。

たとえば、歯医者で頂いた痛み止め。
親知らずを抜いたときに頂いたものだが、処方のときに、余ったものは生理痛や頭痛にも使えるという話しを世間話の中でしていたので、たまに飲んでいる。

あとは、アレルギーを抑える薬も花粉症のときに飲んでいる。
眠気を伴うので充分注意をしている。最近は、薬の名前を打ち込めば、どんなときに使えるのか調べられるサイトが多数あるので、そちらで検索してから使用している。

そういうわけで、私の救急箱に入っているお薬のラインナップには自信があるのだ。
勝手に判断して飲むのはあまり褒められた行動ではないが、これを始めてから病院にかかることが少なくなったので良しとしよう。

«
»