キャベツスープと共に一週間

一週間、キャベツスープをどれだけ食べても良いというダイエットに以前挑戦した。
キャベツスープの他に食べていいものが毎日決まっている。

一日目は野菜、二日目は果物、三日目は野菜と果物、四日目以降から順次じゃがいも、玄米、牛肉、というように、スープ以外に食べるものが変化してくる。
炭水化物を抜く最初の三日がなにより鬼門だ。

三日だけで一気に体重がドンと減る。
これは、腸に溜まった余計なものがすべて排出されるからだ。

四日目のじゃがいもは久しぶりに食べる炭水化物で、ただ茹でて塩で食べるだけなのに感動するほど美味しい。
玄米も米一粒一粒の甘さや歯ごたえを感じられる喜びがある。

そして最終日には牛肉が解禁となるので、久々食べるお肉は奮発して高いものを買ったが感動的な美味しさだった。
このように、一度からだをリセットして、また一から胃や腸のコンディションを整えていく。

整えられるのは体だけではなく心もだ。
食べ物を噛み締めること、命を頂くこと、色々な食材を調理できること、など当たり前だと思っていたことにすべて感謝したくなる。

食べることを一から考えさせられるこのダイエットを行って、体というよりかは、考え方が変わった。
そのため、今後太るような食事をしなくなったことが、なによりもの良い経験になった。

«
»