睡眠不足にならない生活習慣

仕事の日は遊ばない。休みの日は働かない。
これが私のマイルールです。
さて、私は仕事の日にはとにかくたくさん寝るようにしています。

まず朝に起きて家を出たら、通勤中の電車の中で寝ます。
座ることができた時はまともに寝ますし、立ったままでも、つり革につかまってウトウトします。

会社で昼休みになると、お昼ごはんをさっさと終わらせて食後はデスクで昼寝をします。
1時間のうちお昼を食べるのに15分くらいで、残りの45分は睡眠に費やします。

同僚達とランチをする習慣もあるにはあるのですが、前日極端に夜更かしした場合はそれを理由に断ってでも寝る私。
こういうは一回思い切ってやってしまえば周りは意外と理解してくれます。

寝る人と認識されて受け入れられていますし、社内での小ネタにもなって特に不都合や困ることはないです。
もちろん帰りの電車の中でも寝て帰り、日中に寝た分、夜は趣味のために堂々と夜更かし。

そして休みの日は徹底的に遊ぶ。
自分のペースに合った睡眠時間の確保をしているのです。
というのは理想で、現実は中々うまくいかないものですよ。

結局、腹が減ったらメシを食う、眠くなったら寝る、働きたくなったら仕事するという成り行き任せが最も人間の自然な行動になるような気がしますね。
無理やり時間管理のメソッドを身に付けたり、厳格に行動したりすると、余計なストレスが発生しました。

«
»