オフィスは禁煙で

私が10年くらい前に勤めていた会社は、部署ごとに階が分かれていて、各フロアには大きな部屋が1室あり、部署に配属されている社員が机を並べて働いていました。

そういう形体のオフィスはいまでも数多くあると思いますし、小さな部屋に数人ずつ分かれているよりも、大部屋のほうが私は好きです。

唯一、私が嫌だったのは、部屋が禁煙ではなかったことです。
私が所属していた部署や課にはヘビースモーカーが多く、常に誰かがタバコを吸っていたように思います。

ですから、部屋の中はなんとなく曇っていて、空気はとても悪かったんです。

そこを退社してから、いくつかの企業で働いてきましたが、どこも室内は禁煙なので、当時の部屋の環境の悪さを改めて思い知るとともに、空気のきれいなオフィスで働くことの快適さをありがたく思っています。

今でこそ、禁煙が当たり前の時代となりましたが、当時は男はタバコを吸わずしてサラリーマンが務まるか、という訳の分からない論調が社内に蔓延していたのです。
これは、お酒に言葉を置き換えてもいいでしょう。

そんな事を豪語していた人は、肩身の狭い思いをしているそうですよ。
会社にしがみ付く事ばかり考えて、出世もしていないという近況を聞いたときは、視野の狭さは人間も小さくするものだなと、妙に納得した覚えがあります。

現代の快適なオフィスには煙は立たないのです。

格安と信頼性のレンタルサーバー
中小企業には嬉しい低コストハイパフォーマンスのホスティングが可能
www.1strentalserver.com/

»