規則

朝6時に起きて、朝食を作って食べ、身支度をして、会社へ定時に出勤。
午前中働いて12時に昼食を食べ、午後にまた働いて定時に退勤。

家に帰って夕食を作って食べ、お風呂に入って寝る。
これが一般的にイメージされる規則正しい生活でしょう。
毎日そうできるならとても規則正しくて良いと思います。

しかし、日常的にこの規則正しいができている人の中には、できない人に対する酷い偏見を持っている人がいます。
昼に寝る生活をしている奴はダメだとか、夜勤の仕事をしている人はあまり良くないと思うとか。

人それぞれの事情に関係なく、全部いっしょくたに不規則で健康に悪いと否定をする人がいます。
私はそれが非常に気になってしまうのです。

例えば、病院では患者さんに24時間対応するために夜勤看護師さんがいます。
多忙で長時間残業などが多く、遅い時間でないと買い物や食事ができない人のために、夜遅くまでやっているお店やコンビニがあり、夜勤で働く店員さんがいます。

需要があるからその仕事は存在しています。
そういう人たちにとっては夜に働いて昼は休むことが生活の規則です。
規則正しさ、それは一定を保つことであり、一定の枠に囚われることではないのです。

渋い木の表札
木目調が渋い職人手作りの表札専門通販
www.hyousatsu.co.jp/

翻訳見積もり
翻訳の見積もりは無料で実績充分な高品質サービス
www.honyakuctr.com/

«
»