本社ではなく営業所が輸出入担当

私の勤務先の業種は製造業で、本社は関西、工場は北陸。
原料の輸入は本社でレートを読みながら一括して行っていますが、製品の輸出入に関しては福岡営業所が中心となって動いています。

輸入も輸出もアジアがメインなので、本社や工場から直接やりとりするよりも、福岡を経由した方が数段早く入手できます。
理由はアジアから距離的に近いというだけでなく、空港自体が手頃な規模なので、通関に関西ほど時間がかからないというのも大きいようです。

福岡空港は福岡市内にあって、営業所からも車で15分程度。
至急の品物も車で直接国際空港まで取りに行くことができ、大変便利です。

とはいえ、上司が国際便の船をチャーターして巨大な中古の重機を韓国から輸入したのには驚きました。
貿易の専門家でもないのにここまでやってのける上司がいるからこそ、福岡に輸出入をまかせられているのかもしれません。

«
»