就職戦線異常あり過ぎでしょ

いやはや毎年毎年、就職戦線は厳しいものになってますよね。
相変わらず、リクルートスーツに身を固めた無個性な集団の中から、優秀な人材を見出そうとする企業も大変でしょう。

と、言いますか、画一的に統制された集団から、優秀な人材を発掘することが本当に企業がやることなんでしょうか。
就職協定という訳の分からない縛りが、逆に足枷になっている気がしてならないですね。

確かに、名のある大学の学生は大企業志望が圧倒的ですし、企業内にも学閥があるでしょう。
雇われることに生涯をささげて、企業という狭い社会の中で、学歴を武器にポジションを確立したい方は、これまでどおりの活動でいいでしょう。

一方では、小さいながらも一国の主を目指す人は、大学に入った瞬間から起業を目指すべきです。
かなり有意義な学生生活になるはずです。

«
»