企業がやるべきこと

今の人は根性がない、すぐに諦める、くじける、仕事が長続きしない。
そう言って失業率の増加の原因を就職できない人のせいにしていると思います。
しかし、本当にそうでしょうか?

人を働ける人に育てる努力を社会全体で怠っているせいなのではないでしょうか?

働く人が育たない原因は、現場に人を育てる力や根気が無いからだとも考えられると思うのです。
育てる力がないから最初からできる人ばかりを求める。
出来ない人間はいらないという。

働く場も育つ環境も与えてもらえないのでは、失業者はどんどん増える一方。

規模は関係なく、どこの企業の皆さんも、どうか雇用の拡大だけでなく根気強い教育指導を。
くじけやすい就労者をくじけさせない工夫や受け皿が必要です。

が、それは雇われる側もしくは当事者でない第三者的意見でしかありません。
企業は営利を求めることが最大の使命であり、人材育成は手段でしかありません。
そこに投資するかしないかは、企業の方針であり、世の中が強制的にコントロールできるものではない。

ましてや昨今、ITを駆使したビジネスにおいては、仕事のスピードが求められています。
ますます人を育てる時間は減っていきます。

中学生や高校生ぐらいの頃から、なぜ、仕事や社会の仕組みについて、もっと時間を割いて教育しないのかが不思議でならないのです。
家庭でも、そこは手ぬるいでしょう。

そんな環境では、現代のビジネススピードについて行けるわけがないのです。
だから、宝くじに希望を持つ人が増えていったのでしょうかね。

信頼のレンタルサーバーと契約
ウェブでのガバナンス実行には信頼あるプラットフォームがカギ
www.1strentalserver.com/
レンタルサーバー

«
»