宅配便

インターネットショッピングを使う人が増えて、宅配業者の仕事が急増しているそうだ。
私もよくネットで買い物をするので、しょっちゅう宅配便が届く。

宅配員のお仕事は本当に大変そうだ。
重たいベッドや冷蔵庫、棚を運び入れるときに、細心の注意を払いながら設置しなければならない。

また荷物の配達に来ても不在の場合など、また来なければならないのかとドッと疲れが出る思いをすることもあるだろう。
それでも利用者は、自分の生活時間に合わせて配達されるのが当たり前だと不満を言う。

自分が不在が多いことなどを棚に上げて、無理を言う利用者も多いと聞く。現状でさえ、宅配業者の集配センターや配達員の仕事は目一杯だ。
今後もっともっと利用が増えて、買ったものを宅配されることは当たり前になってくる。

時代の流れがそうなる前に、私たち利用者の意識を変えるべきだと思う。
玄関まで宅配されることは、お金を払っているから当たり前だと考えずに、ありがたいと感謝の気持ちを一言述べれるようにならなければ、宅配員のストレスは溜まる一方だろう。

利用者のモラルや意識を変えるときが来ている。

«
»