新しいジャンルの本に挑戦

小説を読むことが好きな私ですが、先日初めてエッセイ本を読みました。
ジャンルにはあまりこだわらず何でも読みますが、どうもエッセイだけはなんとなく読む気にならなかったんですよね。
最近、たまたま親しい友人に借りる機会があったので、読んでみました。

それは割と有名な作家さんのエッセイでした。
本当に何気ない日常やエピソードを描いた作品でしたが、これがなかなか興味深いものでした。
すっかりはまってしまい、一気に最後まで読んでしまいました。
エッセイの良いところは、通勤途中やちょっと時間ができた時に気軽に読めるということだと思います。
私、小説だとどうしてもそれができないんです。
じっくり腰を据えて集中して読まないと、中身が頭の中に入ってこないんです。
その点エッセイだと、どこから読んでもすーっと頭の中に入ってきます。
頭を使わずに読めるので、小説を読む時よりも肩の力を抜いて読めるのです。
誰かの思考や日常に触れることが、こんなに興味深いものだとは思いませんでした。
また、その作家さんの書いているエピソードに共感できると、何となく嬉しくなるのです。
こんな風に考えている人が私以外にもいたんだな、という感じで。
現実世界では知り合いでもなんでもない作家さんが、急に身近に感じられるから不思議なものです。
今まで本屋さんに行ってもエッセイは素通りしてきた私ですが、今度行ったら面白いエッセイを探してみようと、今からワクワクしています。
常々思っていましたが、新しい本を探す時って、どうしてあんなにワクワクするのでしょう。
本を通して、新たな世界との出会いを求めているのかもしれませんね。

«
»