社会での人間関係は難しい

以前勤めていた職場では、セクハラやパワハラに対する意識がとても高く、社内に電話相談室のようなものが設置されていました。
私も管理職をしていたので、人の上に立つものとしての心構えのような研修を受けました。
セクハラやパワハラというのは大変デリケートで難しいものです。

研修で受けた内容によれば、こちらにとって深い意味のない発言でも、受け取り側がセクハラやパワハラだと感じたらアウトなんだとか。
例えば、「髪型変わった?かわいいね」という何気ない一言でも、受け取り側が不快に思えばそれはセクハラとなる可能性があるとのこと。
難しいものです。

実は私自身、部下から「今の発言、パワハラですよね?相談室に電話します」と言われたことがあります。
私が特に深く考えずに発したある発言が、部下を傷つけてしまったようでした。
傷つけてしまったことを謝罪し、ことなきを得ましたが、さすがにその時は社会って怖いなと実感しました。

私の場合その程度ですみましたが、相談室に相談されて事が発覚し、辞職に追い込まれた方もいました。
聞けば、たちの悪いセクハラだったようなので、それは仕方ないかなと思いましたが。
仲の良い男性管理者は、特に若い女の子に対しては話す内容に気をつけている、と言っていました。

パワハラやセクハラという言葉が一般的なものとなった今の時代、誰にでもトラブルに遭遇する可能性はあります。
話す内容にも気を遣い、人間関係がこじれないように努力する。
これも、一社会で上手にやっていくには必要なことなのかもしれません。

«
»