神社での声かけ

高校1年、2年のとき、大晦日から正月明けて7日まで神社でアルバイトをしていた。
毎年臨時で巫女を募集していて、なんとなく気になったので友達と応募をしたのがきっかけだった。
日頃から従事している女子大生の巫女さんと神主さんが指導をしてくださる。

大晦日から3日夜までは鬼のように忙しくて、信心深くない私たち高校生のアルバイト巫女は「神様なんていない!きつい!」と思うほどだった。
しかし4日の朝から昼にかけて会社や部活単位でお参りがあり、その日の夕方からはとても穏やかな空気になる。
30人雇われる臨時巫女は三が日までの契約が大半で、残り5人ほどは7日まで残る。

最終日は、もう世間が初詣の気分ではないのか、参拝客があまり来なくなる。
そしてこの頃から「あけましておめでとう。」ではなく違う挨拶に変わるのだが、先輩の女子大生巫女に教えてもらった挨拶が、今でもなんだかしっくりこない。

それは「良くお参りでございます。」というもの。
「おはようございます。」や「こんにちは。」と私たちは言っていたが、初詣期間でないとき、通常は「良くお参りでございます。」を使うらしい。

意味を尋ねたら、そのままの意味だよ!と言われた。
「良く来られて神に手を合わせて感心します。」的な意味らしい。
キリスト教で言うところの「神のご加護を。」的な意味だろうか。

でもなんとなく従事しているといえども女子大生が言うと上から目線すぎでは?と疑問に思っていました。
たまに気が向いたときに近所にある神社に走りにいくのだが、10年以上ぶりにその「良くお参りでございますね。」と言われて思い出した。

«