街を走り抜けるスポーツ

既存の壁やフェンス、階段、ビルなどを上手に利用して、ジャンプしたり、バック転したり、街中を走り回る人たちを撮影したビデオをネットで見ました。

フランスやイギリスの話みたいで、一種のスポーツというかアートというか、その両方を組み合わせたパフォーマンスです。

一つのビルから次のビルへと、屋上をジャンプして走りぬけていくなど、かなり危ないこともやっているので、日本だったら、そんなパフォーマンスはできないかもしれません。

必死になってスポーツなどしないような男の子たちがいとも簡単そうにやっているんですけれど、体力づくりやジャンプの特訓など、体育会系のノリで準備もしっかりとしているので、基礎があってこそのパフォーマンスなんだと思います。

私もあんなふうに街中をジャンプしたり、宙返りしながら走り抜けてみたいと思いますが、到底無理です。
せいぜい妄想の中で目的を達成したいものですね。
まあ、動画サイトなどで彼らの活動を見たりしますが、稀に失敗シーンがあり、こちらも痛い感覚になるのは不思議ですね。

痛みを知っているからこその共感ということでしょうか。

最近の話題では、ピストバイクというブレーキの無い自転車について、問題視されていました。
足の力だけでスピードを落としていく原理なのですが、つまりは競輪選手が試合で使うものと同じなのだそうです。
急に止まらなければならない場合、素人ではコントロールは無理ですね。

e-ビジネスの方のレンタルサーバー
PHPやroot権限が使用できる幅広いVPSクラウドホスティングサービス
www.1strentalserver.com/

データベース型高機能ショッピングカート
受注管理や顧客管理などWebショップ運営にかかる労力を飛躍的に軽減
www.shopmaker.jp/

»